資格・経験の無い方は、ワーキングスタディ・実習制度でダイビングやマリンスポーツのプロになろう!

ダイビングショップで働くには、インストラクター・ダイブマスターの資格がないと、勤めることができません。又、自信がつき、メインで仕事をさせてもらえるのは、アシスタントを2年の経験が必要でしょう。

ワーキングスタディでは、未経験者でも各免許【学科・実技】を取得しながら、アシスタント業務で経験を積み、ダイビング・マリンスタッフを養成するコースです。

 

 

 

応募期間・内容

 募集人数4名:男女問わず20歳以上 泳ぎが苦手でもトレーニングでOK
(雇用期間は採用日により変わりますが基本4月からを目安に6か月以上勤務で、10/31迄となります。シーズンオフからでもOKですが条件として翌年の 夏場のシーズンは必ず就業していただくことになります。)

 

取得資格・経験

PADIダイブマスターまでの免許と150本のダイビング経験

希望によりJET免許取得可能(自費です)

※資格取得に向けて指導します。取得には本人のやる気が一番重要です!

業務内容

ダイビング・マリンインストラクターのアシスタント
離島ツアーやビーチ業務アシスト・器材セットアップ・片付けその他

当ショップはマリンメニューが豊富なので資格取得以外にも通常の業務にも就いてもらいます。

このコースで目指す事

多くの海洋・気象の知識・ダイビングスキルと経験を持ち、的確な状況判断とアドバイスで、安全に楽しくコースを開催できる。思いやりを持ち、誠意を持って対応し、お客様に海の楽しさ・素晴らしさを体感していただき、自然の大切さに関心を持っていただけるお仕事。この仕事を誇りにできるプロのダイビング・マリンの指導者を一緒に目指しませんか!

メリットと特典

上記内容だと専門学校では2年で約300万円、ダイビングショップで一般にとると約100万円が必要になり、その取得経費が無料になります。(教材費と申請料は自己負担)
6ヶ月で全てのダイビング・マリンスポーツの経験ができます。本人希望であればパラセーリング・シーウォーク・ウェイクボード・サーフィンなどの経験もでき、ダイビング器材もスタッフ価格で購入できます。満期終了後ダイビングインストラクター・潜水士取得の相談可能

 

用意していただくもの

各ライセンスの教材代・申請料:食事代 
プロのダイビング・マリンスポーツ指導員を目指す、決意と向上心とやる気です。

宿泊施設(無料)
水道・光熱費込

お店から徒歩2分と近く、一軒家で男女別部屋。テレビ・クーラー・冷蔵庫・電気ポットあり洗濯機2台あり、キッチン・シャワー・トイレは共同です。ネットはショップで見れます。

保険・福利

ユニホーム貸与・マリンスポーツの体験


PADIプロメンバーダイブマスターになる為の費用一覧

コース名 講習費用 ダイブ本数 教材費 申請料

オープンウォーター

39,000円

4本

3,675円

6,300円

アドバンスド・オープンウォーター

39,000円

5本

5,040円

3,675円

EFR

12,600円

応急手当

4,620円

3,675円

レスキューダイバー

39,000円

5本

5,040円

3,675円

ダイブマスター

150,000円

20本

4,179円

21,000円

合計

279,600円

34本

22,554円

38,325円


実習制度で無料になる費用

※講習では34本潜ります。経験を積むために残り116本必要ですから、1本当たり、4,200円掛かりますので116本×4,200円で487,200円費用がかかります。
ダイブショップでは、
ダイブマスターの取得に講習費用279,000円+必要ダイブ費487,200円
合計766,200円


PADIプロメンバーダイブマスター取得で個人負担になる費用

ナレッジワークブック4,179円+エンサイクロペデア13,650円+プロフェショナルログ8,274円
合計26,103円
プロ用教材26,103円+教材費22,554円+申請料38,325円 合計86,982円